モアヘアメイクカレッジ

SUPPORT

学費応援サポート

学費応援サポート

あなたの夢を全力サポート★
各種支援制度があります

専門学校は学費や材料費がかかって心配…。
そんな方も安心してください!
  モアは2年間の学費が総額218万円と安いうえ、
支援制度が万全です。

特待生制度&独自支援で
最大65万円免除♪

在籍している高校の成績に応じて学費を免除!
高校時代に頑張っていた人はここで努力が実ります★

SS特待生(評定平均4.0以上、欠席5日以内)

  • 学費総額
    (2年間)

    218万円
  • 授業料
    免除

    40万円
  • 支払総額
    (2年間)

    178万円

S特待生(評定平均3.5以上、欠席10日以内)

  • 学費総額
    (2年間)

    218万円
  • 授業料
    免除

    30万円
  • 支払総額
    (2年間)

    188万円

A特待生(評定平均3.0以上、欠席15日以内)

  • 学費総額
    (2年間)

    218万円
  • 授業料
    免除

    20万円
  • 支払総額
    (2年間)

    198万円

B特待生(評定平均2.7以上、欠席15日以内)

  • 学費総額
    (2年間)

    218万円
  • 授業料
    免除

    10万円
  • 支払総額
    (2年間)

    208万円

通信制高校は、SS・S特待生の対象外となります。

+さらに

ひとり暮らし応援制度

県内に在住している入学希望者が、
新たにひとり暮らしを始める場合

学費 5 万円 を免除

※特待生制度と併用可。熊本県外者応援制度との併用不可

熊本県外者応援制度

県外に在住している入学希望者が、
新たにひとり暮らしを始める場合

学費 10 万円 を免除

※特待生制度と併用可。熊本県外者応援制度との併用不可

ファミリー紹介制度

モア・ヘアメイクカレッジの在学生・卒業生、
もしくはMOBヘアーメイク協同組合の
サロン関係者が家族にいる場合。

学費 10 万円 を免除

※特待生制度と併用可。

母子・父子家庭応援制度

母子・父子家庭の場合

学費 5 万円 を免除

※特待生制度と併用可。

例えば…

【SS特待生】【県外出身一人暮らし】
【ファミリー紹介】【母子・父子家庭】の場合

218万円-(40万円+10万円+10万円+5万円)

支払総額(2年間) 158 万円

つまり学費が最大 65 万円免除

選べる2つの分納プラン!
入学準備金が不要で安心♪
学費応援制度

「日本学生支援機構の奨学金予約者」は、入学前の納入金が不要になるプランや、定額分納プランがあります。

plan01

0円入学プラン

入学前に納入していただく納入金(入学金・学費等)をすべて入学後に分納できる制度です。

入学前

納入金0

入学後

毎月8万円~10万円の分納

入学金・学費などの納入金を
毎月の奨学金で分納

※毎月の金額は学費総額に応じて決定。

plan02

入学前20万円プラン

入学前

納入金通常75万円が20万円

※毎月の金額は学費総額に応じて決定。

入学後

毎月7万円~9万円の分納

入学金・学費などの納入金を
毎月の奨学金で分納

※毎月の金額は学費総額に応じて決定。

対象者

2021年4月入学対象の高校生で希望する方
在学中の高校にて『日本学生支援機構』の予約奨学生(第一種・第二種・給付)に採用が決定した方。
または、現在申請中の方。

申込方法

出願時に入学願書の『学費支援制度』(分納)欄に記入し出願してください。

提出書類

採用の決定後、誓約書、採用候補者決定通知書のコピーを提出ください。

手続きの流れ
1. 在籍する高校で日本学生支援機構の予約奨学生へ申し込み
申込の方法など詳細内容は必ず在学している高校の先生に確認してください。

2. 本校出願時、入学願書の学費応援制度(分納)欄の「希望する」にチェックをして提出

3. 本校合格

4.「奨学生採用候補者決定通知書」が日本学生支援機構から高校を経由し配布
入学確定の者は、本校が指定する日までに「奨学生採用候補者決定通知書」を提出する。
5. 入学・奨学金支給
ご入学後、日本学生支援機構から5月または6月に予約者(生徒本人)の口座へ振り込みされます。6月から毎月決められた金額を指定期日までに本校へお振込みください。

2年間で実質学費0円!
世帯年収に応じて支援
高等教育の修学支援制度

モア・ヘアメイクカレッジは、2020年4月からスタートした、国の「高等教育の修学支援新制度」の対象校。
対象者は授業料減免や給付型奨学金を受けることができます。

支援制度の対象者

世帯収入(住民税非課税世帯、及びそれに準ずる世帯)の要件に合う学生。または、進学先で学ぶ意欲がありレポート(学修計画書)で評価された学生。
※世帯収入ごとに3区分され、それぞれ上限の異なる給付・減免が受けられます。

支援制度の金額

住民税非課税世帯の学生は満額、住民非課税世帯に準ずる世帯の学生は、住民税非課税世帯の3分の2もしくは3分の1の金額が支援されます。

img

詳しくは下記のウェブサイトでご確認ください。

日本学生支援機構

文部科学省